外壁塗装の役割から塗料、工事の流れ、業者選びまで全面サポート

大事な外壁塗装の役割と効果

住宅の外壁塗装は外観をきれいにするだけではありません。

外壁塗装はある程度の頻度で塗り直すことが効果的だと建築工事に携わる方々は言います。それはなぜなのか?外壁塗装を行うことは汚れた見た目を改善するためだけではなく、外壁塗装を行うことで住宅(建物)を維持するための役割があります。

住宅の外壁は自然の驚異から家の中で生活する人々を守ってくれる役割があります。そしてその外壁は塗装膜によって守られているのです。その塗装膜が劣化で薄くなったり、破れたり、はがれたりすると外壁の下地まで影響を及ぼし、さらには柱や基礎といった住宅の構造部分まで劣化、腐食させてしまうこともあります。

したがって、外壁塗装は外壁下地を保護するための効果があります。そして外壁塗装は美観を保ち、住宅を維持する役割があるのです。

外壁素材の種類と塗り替えのタイミング

主に建築物の壁を作る素材は砂とセメントを練り混ぜたものがメジャーです。そのほか、サイディングボード(パネル外壁材)などが一般的に使用されています。その他にはALCパネル(軽量気泡コンクリート)、タイル、木板張り、鋼板製波板(トタン板)も存在しています。

では、一般的な外壁下地のモルタルとサイディングボードの塗り替えのタイミングをまとめてみました。モルタル下地とサイディングの外壁塗装の塗り替えのタイミングは10年前後と言われています。ただ、これは一般的な話であり、地域の環境や新築時の塗装材の耐久性によって異なります。

塗り替えの一般的なタイミングとは別に外壁にクラック(ひび割れ)やチョーキング(壁の一部にチョークの粉がふく)が目についた場合は10年未満であっても、塗り替えの時期だと思ってください。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c