簡単な工事じゃないぞ!外壁塗装

一般的な4種類の塗装材料は知っておこう

さて、外壁塗装にはさまざま種類があります。その中でも一般的に使用されている塗料の種類と耐用年数を教えます。
・アクリル塗料 (耐用年数  5~ 7年)
・ウレタン塗料 (耐用年数  8~10年)
・シリコン塗料 (耐用年数 10~15年)
・フッ素樹脂塗料(耐用年数 12~15年)
耐用年数が高ければ高いほど、価格も高くなります。この中でもシリコン塗料は最も頻繁に使用されています。上記の塗料は基本なので覚えておいて損はないと思います。

次は塗料の価格です。塗装業者さんのサイトをいくつか確認してみました。下塗りを含む3回塗りの場合の1㎡当たりの単価になります。参考にしてみてください。
・アクリル塗料 (1,400~1,600円)
・ウレタン塗料 (1,700~2,200円)
・シリコン塗料 (2,300~3,000円)
・フッ素樹脂塗料(3,800~4,800円)

知っておく、塗装工事のプロセス

外壁塗装の工事に着手した場合、どの程度の日数を要すると思いますか?建物規模によって工期(いわゆる工事の期間)は変わります。塗装したら「はい終わり」という簡単なものではありません。

まず、工事ながれですが、建物周りに作業するための床が必要となり、作業足場を組み立てます。その後、外壁下地と塗装材の付着をよくするために、外壁を水で洗浄し汚れをおとします。洗浄後に建物に影響を及ぼすようなクラック(ひび割れ)などのチェックを行います。建物の劣化が激しいと下地の補修を行う必要があります。その不具合の補修を行って、それから塗装工事に着手します。塗装工事も下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りの工程があります。塗装工事が完了したら、作業足場の解体を行います。

これが一般的な工事のながれとなります。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c