安易に騙されないための業者の見分け方

塗装工事は天候に左右される!

特に外壁の塗装工事は天候に左右されます。梅雨時期などの雨降ると予測できる月は避けたほうが良いでしょう。また、塗料には気温が5℃以下、湿度が85%を超える場合は施工をしないことになっています。無理に工事(作業)を行った場合、色が変色したり、塗装の剥離(剥がれること)、塗膜に水が浸入し膨れたりする原因にもつながります。

外壁塗装工事は雨が止んだからといって、作業に取り掛かれるものではありません。雨で下地が濡れていると塗装が付着しないため、下地が乾燥するまで放置することになります。あらかじめ、雨が降るとわかっていた場合は天候が晴れていても、塗装をしない場合もあります。それは、せっかく塗った塗装が雨で流れてしまうからです。

工事中に予期せぬ雨が降る場合があります。その時は塗装業者は塗装の塗り直しを行ってくれます。

優良業者はアフターフォローも充実!

優良業者の選定に必要なことは契約を交わす前に事前に確認しておきましょう。外壁塗装に関する保証です。定期点検はもちろんのこと、アフターフォローを行ってくれるのか、またそのフォロー体制が万全なのかが重要となってきます。わからないことは相談すれば説明してくれるはずです。

工事完了後、皆様は完了検査という名目で、塗装の仕上がり状態を確認してください。作業員も人間ですし、人間のすることですから、多少の不具合もあると思います。その場合は、きちんと塗装のムラや塗り忘れなどがないように確認検査を行ってください。一般的な施工業者であれば、手直し工事や補修工事を行ってくれます。その後、定期点検も行っていただき、事後の塗装の剥がれがないかを点検する業者であれば、優良な業者であるといえるでしょう。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c